〜カタカナ英語を矯正する英語発音ソフト〜

発音PRO FAQ (よくある質問)・トラブルシューティング

UDA式30音に基づいて設計された「発音PRO」でカタカナ英語から抜け出そう!発音をマスターすればリスニング力も向上します。

発音PRO TOP > FAQ(よくある質問)・トラブルシューティング
発音PRO及び発音に関してはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

FAQ(よくある質問)



Q1 : マイク・ボリュームのレバーが動かしても、左に戻ってしまいます。故障ですか?

Q2 : 「発音チェック」でマイクレベルを最大にしても黄色のレベルまで到達しません。通常の声の大きさでマイクレベルを黄色にするにはどうしたらよいでしょうか?

Q3 : 30音トレーニング(発音とリスニング・DVD)と、UDA式発音PROは何がどう違うのですか?

Q4 : どうして母音に舌のイラストはないのですか?

Q5 : パソコンの「メモリサイズ」はどうすれば分かるのですか?

Q6: 発音チェックの correct と collect は、どちらも同じ発音で満点表示されます。バグでは?

Q7: ヘッドセットの形が変で、頭にうまくおさまりません。どうすればいいでしょうか。



Q1 : マイク・ボリュームのレバーが動かしても、左に戻ってしまいます。故障ですか?


パソコンのマイク入力が OFF(ミュート)になっているとレバーは動きません。マイク入力を ON にしてください。

・パソコンにマイクが接続されていない場合、または、マイクが故障している場合には、レバーが左に戻ってしまいます。

マイクが故障しているかどうかは、Windows のサウンドレコーダーでチェックできます。
スタートボタン→ アクセサリ→ サウンドレコーダーで、録音できればOK。

・「UDA式発音PRO」を起動してからマイクを差し込んだ場合、ボリュームのレバーが動かない場合があります。 マイクを差し込んでからソフトを再起動するとレバーは動き、音量を調整できるでしょう。
マイク・ボリューム設定について

「UDA式発音PRO」の設定画面のマイク・ボリューム設定はパソコンの
録音コントロールに値の入出力を行いリンクしています。

マイク・ボリュームの「レバーが左に戻ってしまう」のは、マイクの情報をパソコンから
取得できていない状態です。マイクが故障していないことを確認してしてから、次の原因と
対策を参考にしてください。


原因1:複数のマイクがPCに接続されていてマイクが特定できない

  
対策→ 接続するマイクを1つだけにする。
   パソコンの録音コントロールを開き、選択しているマイクの音量を上下すれば
   「UDA式発音PRO」のマイク・ボリューム設定のスライダーも動きます。 



原因2:パソコンのサウンドドライバが正しく機能していない

  対策→ サウンドドライバの設定をチェックする。詳しくはご利用のサウンドドライバの
    マニュアルなどをご参照ください。



原因3:別のプログラムがサウンドデバイスを占有している

  対策→ 別のプログラムを閉じて、「UDA式発音PRO」だけを起動する。


▲このページのトップへ

Q2 : 「発音チェック」でマイクレベルを最大にしても黄色のレベルまで到達しません。通常の声の大きさでマイクレベルを黄色にするにはどうしたらよいでしょうか?
マイクの音量レベルは、マイク・プロパティで「ブースト」してご利用ください。

Windows Vista, 7 マイクの音量ブースト


Windows XP マイクの音量ブースト


マイクの向きを調整すると、音量不足を改善できる場合があります。

▲このページのトップへ

Q3 : 30音トレーニング(発音とリスニング・DVD)と、UDA式発音PROは何がどう違うのですか?

「UDA式発音PRO」はパソコンにインストールして使うソフトです。
30音DVDは大人向けですが、発音PROは、初級者から上級者までご利用できます。

発音の学習効果、おもしろさ、操作性、音声認識による発音チェックなど、圧倒的にDVDに優ります。また、会話表現、リズムとイントネーション、「音の聞き分け」など、「英語の音」を楽しく、効果的に学習できます。


▲このページのトップへ

Q4 : どうして母音に舌のイラストはないのですか?

母音の場合、舌は日本語の場合と同じように、下あごと一緒に動くので、イラストはありません。口の形、あごに注意して練習してください。子音の場合、舌の先端や位置は日本語とは異なるので、イラストを参考にしてください。


▲このページのトップへ

Q5 : パソコンの「メモリサイズ」はどうすれば分かるのですか?
パソコンのメモリは次の手順で確認できます。

1.スタートボタン→コントロールパネルをクリック
2.パフォーマンスとメンテナンスをクリック
3.システムをクリック
 
   メモリ2Gの場合は、1.99GB RAM のように表示されます。

    詳しくは → こちら

【注】推奨の「利用可能な物理メモリー」は512MB以上です。

使用可能メモリ


利用可能な物理メモリー」の容量は

「スタート」-「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「システムツール」-「システム情報」で確認できます。 


▲このページのトップへ

Q6 : 発音チェックの correct と collect は、どちらも同じ発音で満点表示されます。バグでは?

お客様の環境(マイクと口との距離や、雑音など)による問題の可能性が高いです。
音量レベルのメーターが真ん中くらいになるところで、発音練習をしていただくように
お願いいたします。また、「発音チェック」はデジタル信号を機械的に処理するため、使用環境の影響を受けたり、完璧ではありません。あくまでも学習の目安としてご利用ください。 
  



▲このページのトップへ


Q7 : ヘッドセットの形が変で、頭にうまくおさまりません。どうすればいいでしょうか。

ヘッドセットは、頭上の斜め後ろから、耳にかけるようにするとおさまります。
耳に当てる部分を広げて調節してください。
頭にかける黒い部分は広げても大丈夫です。



▲このページのトップへ


トラブルシューティング



ケース 1 : インストールできない
ケース 2 : 起動できない
ケース 3 : エラーコード12?
ケース 4 : 音声認識が使えない?

その他の場合



ケース1:インストールできない

インストール時に、『ライセンス情報が書き込めませんでした』 などのメッセージが表示された。
対処法:
インストールしているアカウントの権限が不足しています。インストールを中断して、ユーザー権限の変事または管理者権限でインストールをしなおしてください。

▲このページのトップへ

ケース2:起動できない

(1)「UDA式発音PRO」を起動しようとしても、起動できない。
(2)「UDA式発音PRO」を起動した時、『playerエラー』などのメッセージが表示され起動できない。
対処法:
(1)起動したアカウントがソフトウエアを実行する権限を持っていません。ユーザー権限の変更雇たは管理者権限で起動してくたさい。

(2)お使いのパソコンのOSの言語モードが日本語以外になっている可能性があります。コントロールパネルの「地域と言語のオプション」を確認して言語を「日本語」にしてください。

▲このページのトップへ

ケース3:エラーコード12?

「UDA式発音PRO」を起動した後、『エラーコード:12』、『VoiceComponentの初期化に失敗しました エラーコード:12』などのメッセージが表示された。

「エラーコード:12」は、ソフト起動時に音声認識エンジンのライセンス情報を
Windowsのレジストリから読込んだときに値が不正であったときに表示され
ます。その場合、レジストリが破損している可能性があります。
その為、ソフト側は音声認識エンジンが正規にリリースされたものではない
と判断するので、以後の音声認識が全てエラーと表示されてしまいます。

対処法:
Windows XPの場合
UDA式発音PROを一度アンインストールしてから、再度、インストールしてください。
それでも改善しない場合は、OSのクリーンインストールをしてください。
  メーカー製PCの場合は、システムのリカバリーをご参照してください。

  アンインストールできない場合
  レジストリが破損していると、アンインストールができないことがあります。
  その場合には、下記を実行してください。
  1.OSの修復セットアップで改善するかどうか確認する。
  2.それでも改善しない場合は、OSのクリーンインストールをしてください。
    メーカー製PCの場合は、システムのリカバリーを参照してください。


Windows Vistaの場合
特定のパソコン機種ではUAC(ユーザーアカウント制御)が特殊な挙動を取ります。コントロール・パネルの「ユーザー・アカウント」で、UACを一時的に無効にしてお使い下さい。
Windows XPの場合:レジストリが破損している可能性があります。
Windows Vistaの場合:特定のパソコン機種ではUAC(ユーザーアカウント制御)が特殊な挙動を取ります。コントロール・パネルの「ユーザー・アカウント」で、UACを一時的に無効にしてお使い下さい。

■画面の一番下にある[ユーザーアカウント制御の有効化または無効化]をクリックして設定を変更します。



▲このページのトップへ

ケース4:音声認識が使えない?

・「UDA式発音PRO」を起動した後、「発音チェック」の音声認識の機能が動作しない。エラーメッセージが表示される。
・recorderのコンポーネントに失敗しました。エラーコードー1、とエラーメッセージが表示される。
対処法:
お使いのアカウントの権限が不足しています。ユーザー権限の変更、または管理者権限でお使い下さい。

>> コンポーネントエラー修正ファイル・ダウンロード

■ご利用手順
・上記のURLから、ファイルをデスクトップにダウンロードする。
・ダウンロードしたファイルをダブルクリックする。
→ 自動的にインストールが開始され、不具合が修正されます。

▲このページのトップへ


その他の場合

UDA式発音PROの動作に関して不具合がある場合は、ユーザーアカウントに管理者権限があることをご確認の上、次の情報を詳しく書いてこちらからご連絡下さい。

1. 不具合の症状
2. パソコンの機種名と型番
3. OSとバージョン
4. パソコンのメモリ
5. 可能であれば、不具合での画面をキャプチャーした画像


▲このページのトップへ

発音PRO及び発音に関してはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ



発音PRO TOP 発音PROの特徴 動作環境 体験版ダウンロード 会社概要 よくあるご質問 ご購入について 利用者の声 今すぐ注文する サイトマップ